メリット・デメリット

自己破産のメリット・デメリットを全て紹介!間違った情報も流れてます

投稿日:

自己破産を行うにあたって気になるのがメリットとデメリットですよね。

良い事もあれば、もちろん悪いこともあります。

そんな自己破産のメリットとデメリットについて紹介します。

自己破産鉄人
自己破産の基本的なことや費用、手続きの流れなどは目次ページから見ることができます。

目次ページはこちら

自己破産のメリット

自己破産のメリットは唯一にして最大の『借金がなくなる』ということです。

厳密に言うと借金が無くなるわけではなく返済の義務がなくなるのですが、実質借金解消と変わりはありません。

 

他の債務整理方法として『任意整理』『個人再生』『特定調停』とありますが、いずれも借金を0にすることはできません

どの方法にしても利息カットや元本の減額程度に留まります。

唯一自己破産のみが借金を0にできる方法なので、メリットとしては計り知れないほどの力があります。

 

でも、気をつけなければいけないことがあります。

それは自己破産を行っても支払いの義務が無くならないものがあるということです。

税金や子供の養育費など、借金以外の法的に支払い義務があるものに関しては自己破産後も支払う必要があります。

どういった項目が該当するのかはケースバイケースなので、弁護士さんに相談するのが確実です。

相談無料の弁護士事務所を紹介!

   

続きを見る

税金は免除や分納などで、一時的に対応できるので事前に把握しておきましょう。

自己破産のデメリット

メリットは非常に大きな内容がたった1つでしたが、デメリットに関してはザックリと4つほどあります。

  • 財産を手放す必要がある
  • 職種制限が掛かる
  • ブラックリストに掲載される
  • 官報に掲載される

以上4点が代表的なデメリットになります。

ですが、該当しない場合は全く関係なく済むこともあるのでそれぞれ詳しく解説します。

財産を手放す必要がある

自己破産の基本的な理念として財産を債権者へ分配して折り合いをつけるという部分があるので、どうしても避けることはできません。

特に住宅に関してはかなり大きな損失になり得るので、再三の検討を重ねるべきです。

でも、財産が無い場合はスルーできます。

自己破産鉄人
財産として認められる物は以下の通りです。
  • 住宅
  • 時価20万円以上の物
  • 過払い金
  • 退職金
  • 保険の返戻金 など・・・etc

自分では気付かないところにも財産となり得る物は存在しています。

特に過払い金や退職金など、普通は気付かない部分なので必ず弁護士さんに依頼しましょう。

後から財産が発覚すると免責不許可事由となり、最悪自己破産は不成立に終わってしまいます。

自己破産鉄人
財産を手放すと言っても全くの無一文になるわけではなく、一部の物は残すことができます。
  • 99万円以下の現金
  • 1ヶ月分の食料
  • 衣服
  • 家電
  • 燃料 など・・・etc

かなり多くなるので、一部だけ記載しました。

詳しくは弁護士さんにお問い合わせください。リストを用意してくれるところもあります。

職種制限がかかる

自己破産の手続きを行っている期間中は一定の職業に就くことができなくなります。

主に弁護士や公認会計士といったいわゆる『士業』などが該当します。

警備員であったり、保険関連の職種も該当します。

その他幅広い範囲で従事制限が掛かってしまいます。

こちらも弁護士さんにあなたの職種が制限に掛からないか確認しておきましょう。

 

また、制限が掛かる場合は会社と相談する必要も出てきます。

働くことができないので休職扱いになるのか、また一部では自己破産者は解雇になる雇用契約を採用しているところもあるそうです。

自己破産鉄人
自己破産の費用を捻出できなくなる可能性もありますし、自己破産後の生活にも大きく関わる部分なので慎重に進めるべきです。

ブラックリストに掲載される

このデメリットに関しては曖昧な部分が多いですが、クレジットカード系の債務があった場合は高確率でブラックリスト入りすると考えておいたほうがいいでしょう。

ブラックリスト入りしてしまうと5~10年程、ローンが組めなかったり新たにクレジットカードを作れない・利用できないといったデメリットが発生します。

 

ローンというと家や車を思い浮かべがちですが、スマホの本体代の分割払いであったり、家電などの分割払いなどができないといったことが起こります。

スマホの契約自体が組めないといったケースもあるので、できれば今お使いのスマホは解約せずに持っておきたいところです。

自己破産鉄人
分割払いを利用しないようにしたり、カードはデビットカードを利用することで対策はできるので、実際のところ案外軽いデメリットではあります。

官報に掲載される

ほとんどデメリットの要素はないですが、政府が発行する官報という新聞のような物に自己破産者として掲載されます。

名前や住所などが記載されてしまいます。

よほどマニアックな人でも毎日チェックしている人は相当少ないので、特に気にする必要はないでしょう。

自己破産鉄人
企業によっては自社社員のチェックしているところもあるそうですが、そんなことをしている会社は限りなく少ないでしょう。

自己破産の間違ったメリット・デメリット情報

ネット上では様々な間違えた情報が流れています。

全く関係のない情報もあるので、鵜呑みにしないようにしましょう。

ブラックリストから消える

借金が無くなるので滞納で登録されていたブラックリストの情報から丸ごと消されるといったことが言われています。

これは信用情報機関によって若干違いがあるから生まれた情報なのですが、実際のところ新たに掲載されると考えておくほうが無難です。

戸籍や住民票に自己破産履歴が残る

これは全くの間違いです。

自己破産を行った履歴は公的証明書には残りません。

借入していた金融会社などには履歴が残りますが、個人情報に関する部分には一切履歴は残りません。

なので、就職する際にバレるといった事は起きません。

選挙権がなくなる

選挙と自己破産は一切関係がないので、選挙権が無くなることはありません。

公職選挙法などの法律上でも全く自己破産との関連事項は無いです。

自己破産履歴が子供にも残る

戸籍や住民票に履歴が残らないことと同様に、子供に関しても一切証明書には履歴が残りません。

ただ、子供さんの記憶には自己破産を行ったという事実が残ってしまうでしょう。

後ろめたさや劣等感を感じるケースも考えられるので、なるべく負い目を感じないようにしてあげましょう。

自己破産のメリット・デメリットまとめ

 

  • 唯一にして最大のメリット=借金0!
  • デメリット=4つ(財産喪失、ブラックリスト、職種制限、官報掲載)

自己破産を行うことで起こるメリットとデメリットについては以上です。

思いの外デメリットも少なくないですか?

財産を所有していない場合、ほとんど影響の無いレベルのデメリットだと思います。

住宅を所有している場合はかなり痛い損失になるので、借金が0になる事と比べるとどちらが良いか入念に検討したほうがいいでしょう。

 

自己破産鉄人
自己破産のメリットやデメリット以外にも費用や手続きの流れなど、知っておきたい情報を目次ページにまとめています。

>>目次ページはこちら

 

自己破産を行う上で、財産に関する項目や職種制限はとても細かくなっています。

自己判断で全て進めることはとても難しいので、1から弁護士さんに相談しながら手続きを進めることを当サイトではオススメしています。

相談自体は無料で行っている弁護士事務所が多いので、是非活用してください!

相談無料の弁護士事務所を紹介!

   

続きを見る

自己破産鉄人
事実、自己破産を行う9割以上の人は弁護士に依頼してます。

-メリット・デメリット

Copyright© 自己破産のデメリット!手続きの流れや費用をわかりやすく解説|自己破産鉄人 , 2018 All Rights Reserved.